MENU

結局、格安スマホってどこがいいの?楽天、DMM、TONEを比較してみた

スマホ代が毎月1万円超えるので、格安スマホにした2,000円とかになるって聞いたから、格安スマホにしたい!

 

って思ってる方も多いかもしれません。

 

 

 

だけど、意外と困るのが格安スマホの業者って楽天、DMM、ユーモバイル、TONE、ワイマックスなどなど

 

多くてどこがいいのかわからないですよね?

 

私も今は楽天モバイルにしましたが、失敗したくないから買う前は色々調べました。

 

 

格安スマホを選び時のポイントとは?

 

通信速度

 

ネットをしたり、youTubeで動画をみたり、ポケモンGoをしたりするにはやはり通信速度がはやいに越したことはありません。

 

楽天モバイルやDMMモバイルの高速プランはドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアと通信速度はほとんど同じです。

 

(時間帯によって格安スマホは遅くなることもあります。)

 

 

 

但し、楽天モバイルのベーシックプランやDMMモバイルのライトは使い放題ですが200kととても遅いです。

 

そして、TONEも高速プランチケットを購入しないと遅いので注意が必要です。

 

通信料が安い

 

格安スマホは安いといっても、メーカーによって通信料金には違いがあります。

 

価格を決める時のポイントはあなたが月にどの程度通信容量を使っているかを調べることです。

 

格安スマホは使えるデータ容量を細かく選ぶことができるので、あなたに最適な容量分だけ契約すると使わない無駄な容量を契約する必要もないのでとても節約になります。

 

 

スマホ本体の料金が安い

 

意外と知られていませんが、実は同じ機種でも格安スマホ業者間でスマホ本体の価格が違うんです。

 

例えば、富士通の人気機種arrows M03ですが、実はこんなに違うんです。

 

 

 

 

一括

月額(24回払い)

楽天モバイル 32,800円+税 今だけ! 1,476円 今だけ!
DMMモバイル 33,800円+税   1,797円  

 

 

 

 

さらに楽天モバイルはキャンペーンだと本体の価格がめちゃくちゃ安くなるので、キャンペーンで購入するのがおすすめです。

 

 

総合的に判断!格安スマホランキング

 

上記3つの点から私が最終的に迷った3社が楽天モバイル、DMMモバイル、TSUTAYAのTONEでした。

 

楽天モバイル

 

通信速度と通信料の2点を考えるとDMMモバイルの方がいいんです。

 

しかし、キャンペーンでスマホ本体が半額だったので、楽天モバイルにしました。

 

 

DMMモバイル

 

通信料が安くて、プランが細かくあるので自分に最適なものを選ぶことができます。

 

ただ、どうしてもスマホ本体を分割で購入しようと思っていたので、通信料+スマホ本体の月額費用で考えると楽天モバイルの方が安くなりました。

 

 

TONE

 

とにかく月額費用を安くしたいならTONEはスマホ本体を入れても月額2,000~3,000円でいけます。

 

だけど、スマホ本体を好きに選ぶことができない点と通信速度が遅い点がどうしてもネックになります。

 

 

さらに楽天モバイルのおすすめポイント

 

楽天モバイルは使えば使うだけ楽天スーパーポイントが貯まります。

 

私は楽天スーパーポイントは楽天Edyに交換して、コンビニで買い物する時に使ってます。

 

さらに最近楽天モバイルの支払いも楽天スーパーポイントからできるようになりました。

 

今までは期間限定ポイントなどは楽天Edyに交換できずに知らぬ間になくなってた

 

ってことがあったんですが、楽天モバイルの支払いに期間限定ポイントから支払ってくれるので良いです。

このページの先頭へ